監視カメラを活用した防犯対策

監視カメラ活用の利点


現行犯でなければ身柄確保が許されぬ万引きですが、現場を押さえるのは現実問題非常に難しく、結果常習犯を野放し状態としながらも手出しが出来ず、店舗側は容疑者を目の前に苛立ちばかりを募らせる悪循環となってしまうケースが数え切れません。こうした店側の事情は当然、犯行に及ぶ常習者のみならず、興味本位で万引きに及ぶ子供達を誘発する、いわゆる負のスパイラルをも招いてしまい兼ねません。「あの店は大丈夫」と嫌なレッテルを1度貼られてしまえばエスカレートの一途を辿るのが万引きであり、これが引き金となり、更なる悪質な犯罪へと繋がるリスクも高まりを見せてしまいます。

こうした犯罪に及ぶ側の心理を未然に抑える、効果的なアイテムとして見過ごせぬのが防犯カメラです。今日ディスカウントショップなどでは格安のいわゆるダミー製品も販売されていますが、そのような子供騙し二は当然何の効果も期待出来ず、むしろ店側の隙を露呈する役割しか担いません。対して24時間エンドレスの録画が可能な防犯カメラの設置は、データ的にも確かな防犯効果が確認されており、今日商店のみならず、さまざまな施設に必要不可欠なアイテムとして認識されるに至っています。


業者選択のポイント
Previous post
今日の防犯事情
Next post