監視カメラを活用した防犯対策

業者選択のポイント

今日録画サービスを含む防犯カメラ設置からメンテナンスを請け負う専門業者は数多く、各々の施設やシチュエーションにマッチした機種と設置方法を用い、エンドユーザーの管理施設内の安全確保に大きな力を注ぎ続けています。ここで新たに防犯カメラシステムの導入をご検討中の方々にとって必要となるのが、果たしてどの業者を利用するのか、その選択作業に他なりません。

今日の録画システムは基本、定点観察すなわち撮影場所を固定から、24時間エンドレスで録画を続けるスタイルが一般的です。多くの商店や集合住宅などで用いられており、普段は社員あるいは業務提携する管理業者のスタッフなどが、このシステムが常に正常に作動しているか否かをチェックしています。ですが「その瞬間」はいつ訪れるか分からず、緊急時に専門業者の迅速確実なフォローが必要となる展開は少なくありません。やはり24時間365日、有事の際には速やかに現地に駆けつけてくれる、あるいは的確な初期対応からのアドバイスを届けてくれる、十分なバックアップが約束された業者の選択が大切です。どれだけ鮮明な画像を誇る最新機種や高額なシステムを導入したとしても、万一の際にそれらを的確に活用出来なければ本末転倒です。

監視カメラ活用の利点

現行犯でなければ身柄確保が許されぬ万引きですが、現場を押さえるのは現実問題非常に難しく、結果常習犯を野放し状態としながらも手出しが出来ず、店舗側は容疑者を目の前に苛立ちばかりを募らせる悪循環となってしまうケースが数え切れません。こうした店側の事情は当然、犯行に及ぶ常習者のみならず、興味本位で万引きに及ぶ子供達を誘発する、いわゆる負のスパイラルをも招いてしまい兼ねません。「あの店は大丈夫」と嫌なレッテルを1度貼られてしまえばエスカレートの一途を辿るのが万引きであり、これが引き金となり、更なる悪質な犯罪へと繋がるリスクも高まりを見せてしまいます。

こうした犯罪に及ぶ側の心理を未然に抑える、効果的なアイテムとして見過ごせぬのが防犯カメラです。今日ディスカウントショップなどでは格安のいわゆるダミー製品も販売されていますが、そのような子供騙し二は当然何の効果も期待出来ず、むしろ店側の隙を露呈する役割しか担いません。対して24時間エンドレスの録画が可能な防犯カメラの設置は、データ的にも確かな防犯効果が確認されており、今日商店のみならず、さまざまな施設に必要不可欠なアイテムとして認識されるに至っています。

今日の防犯事情

あらゆる小売店舗にとって欠かせぬ防犯対策の中でも、万引きは店側の実行犯のエンドレスの攻防が時代を越えて続く、ある意味最も厄介な難題です。とりわけインターネット環境の進化に伴う、いわゆる愉快犯的な店内での軽犯罪が急速な上昇傾向を見せる一方、被疑者の権利を擁護する価値感が広がりを見せています。結果被害者である店側は「泣き寝入り」「やられ損」とまる展開が避けられず、ならばと独自に講じた万引き対策に対し、世間から興味半分の揶揄が集中してしまう悪循環も各所で生じています。

何より万引きは現行犯でなければ被疑者を確保する事が出来ず、一定規模以上の商業施設やチェーン店などでは「万引きGメン」の配備などの対策に講じていますが、費用面などの問題から全ての施設で実践出来る対応策とは言えません。何より万引きは常習性が高く、同一被疑者が繰り返す軽犯罪であり、確実な摘発に際しては「確かな証拠」の確保が欠かせません。

ここでは以下、24時間態勢で監視からその瞬間を確実に記録出来る、防犯カメラを用いた録画に焦点を合わせ、見逃せぬメリットや依頼先業者の選択に際しての事前知識をお伝え申し上げます。現在特に万引き被害が深刻でない経営者各位にも、是非万一に備え、ご一読いただければ幸いです。防犯カメラは読んで字の如く、万引きいがいの幅広い犯罪の防止に確かな効果が期待されるアイテムであり、未導入であればぜひ設置をご検討いただきたい、優れた防犯対策法に他なりません。