監視カメラを活用した防犯対策

今日の防犯事情


あらゆる小売店舗にとって欠かせぬ防犯対策の中でも、万引きは店側の実行犯のエンドレスの攻防が時代を越えて続く、ある意味最も厄介な難題です。とりわけインターネット環境の進化に伴う、いわゆる愉快犯的な店内での軽犯罪が急速な上昇傾向を見せる一方、被疑者の権利を擁護する価値感が広がりを見せています。結果被害者である店側は「泣き寝入り」「やられ損」とまる展開が避けられず、ならばと独自に講じた万引き対策に対し、世間から興味半分の揶揄が集中してしまう悪循環も各所で生じています。

何より万引きは現行犯でなければ被疑者を確保する事が出来ず、一定規模以上の商業施設やチェーン店などでは「万引きGメン」の配備などの対策に講じていますが、費用面などの問題から全ての施設で実践出来る対応策とは言えません。何より万引きは常習性が高く、同一被疑者が繰り返す軽犯罪であり、確実な摘発に際しては「確かな証拠」の確保が欠かせません。

ここでは以下、24時間態勢で監視からその瞬間を確実に記録出来る、防犯カメラを用いた録画に焦点を合わせ、見逃せぬメリットや依頼先業者の選択に際しての事前知識をお伝え申し上げます。現在特に万引き被害が深刻でない経営者各位にも、是非万一に備え、ご一読いただければ幸いです。防犯カメラは読んで字の如く、万引きいがいの幅広い犯罪の防止に確かな効果が期待されるアイテムであり、未導入であればぜひ設置をご検討いただきたい、優れた防犯対策法に他なりません。


監視カメラ活用の利点
Previous post
今日の防犯事情
Next post